国際結婚

これからは国際結婚が多くなる

生涯未婚率という言葉はご存知かと思います。
これは「45歳?49歳」と「50歳?54歳」未婚率の平均値から、「50歳時」の未婚率(結婚したことがない人の割合)を算出したものです。

50歳で未婚の人は将来的にも結婚する予定がないという考え方から生涯独身でいる人の数を示す指標として使われます。
pois

この生涯未婚率が2010年以降男性で20%を超え、総務省の発表では年齢階級別未婚率は30歳から34歳という結婚適齢期の
男性の約半数が未婚という状態です。

これは大きな社会問題で、地方圏で過疎化が進み首都圏を含め晩婚化、未婚化が進めば日本の人口は益々減少していく一方です。

ただ、将来的に結婚したいと考えている人の数は以前と変わらず多くあり、子供を作り家族を持ちたいというニーズは多い。

では50歳を過ぎると子供を産める年代の女性との結婚は難しいのか?
以前はそう思われていましたが、これからは あった違った流れになりそうです。

実は今後注目を浴びてくるであろう結婚の形に国際結婚があります。