業者選び

国際結婚をしたいと考えた方はお見合いに進むために、
まず業者を選定することからはじめましょう。

インターネットで検索すれば色々な業者が出てきます。

業者選びは注意しよう!

poinntここで大事なことは、国際結婚を扱う業者の中には現地のブローカーを通じ女性を入国させるためだけを目的とした詐欺まがいの業者が未だ存在しているということです。

非常に残念な話ですが、こういった業者を回避するためにも事前に業者を厳選しなくてはなりません。

ブローカーの存在

ブローカーとは日本に入国したい、日本国籍が欲しいという女性を集めて日本の業者に提供している現地業者です。

女性はブローカーに対して多額の成功報酬を払います。
こういったブローカーを使っている国際結婚業者は絶対に回避しなければなりません。

悪徳業者を見分けるポイント

特徴としては結婚後、女性に対して、もしくは二人に対してのアフターフォローがない。入国、婚姻の手続きに関して行政書士が絡んでいないなど、丁寧なサービスをしてくれるかどうかをしっかりと確認する必要があります。

婚姻ビザ取得までに

婚姻ビザがおりるまでには少々時間がかかります。

例えばそのあいだに
●女性に対して日本語教育、日本文化の教育を行っている。
●女性と会いにいくためのプライベート渡航の手配を請け負っている。
●現地法人、現地事務所を構えていて全て日本人によって運営されている。

など、安心して国際結婚ができる体制ができているかどうかを判断しましょう。そのためにも実際に業者に問い合わせて話を聞いてみることをオススメします。

電話だけだなく、業者の事務所で話を聞くことでその会社の質がわかると思います。

お見合い方法もさまざま

omiaiお見合いについても各社やり方が違います。
最近はSkypeを使ったパソコンを通じたお見合いを行っている業者もあります。
日本と現地をつないでインターネットのウェブカメラで話をして、気に入ったら現地に会いにいくパターンです。

一番オーソドックスな方法はある程度日本で写真で選び、
渡航して時に5~7人の女性と現地でお見合いをする流れです。

どちらが良いか一丁一旦ありますが、Skypeだと伝わらないことがお互いに多く、男性も選びにくく結局渡航せずに終わってしますケースが多いです。
なので実際に現地に行くことが一番だと私ま思います。

中には現地ではなく在日の女性会員を紹介している業者もあるので、料金などを考慮して考えていく必要があると思います。

国際結婚

生涯未婚率という言葉はご存知かと思います。
これは「45歳?49歳」と「50歳?54歳」未婚率の平均値から、「50歳時」の未婚率(結婚したことがない人の割合)を算出したものです。

50歳で未婚の人は将来的にも結婚する予定がないという考え方から生涯独身でいる人の数を示す指標として使われます。
pois

この生涯未婚率が2010年以降男性で20%を超え、総務省の発表では年齢階級別未婚率は30歳から34歳という結婚適齢期の
男性の約半数が未婚という状態です。

これは大きな社会問題で、地方圏で過疎化が進み首都圏を含め晩婚化、未婚化が進めば日本の人口は益々減少していく一方です。

ただ、将来的に結婚したいと考えている人の数は以前と変わらず多くあり、子供を作り家族を持ちたいというニーズは多い。

では50歳を過ぎると子供を産める年代の女性との結婚は難しいのか?
以前はそう思われていましたが、これからは あった違った流れになりそうです。

実は今後注目を浴びてくるであろう結婚の形に国際結婚があります。