国について

naka首都圏では婚姻者の5組に1組が国際結婚カップルと言われています。
国内の晩婚化が進む中でお相手を海外の女性に求める人が増えて来ているということです。

初婚の方がほとんどですが、離別してお子さんもいないので再度結婚して子供を授かりたい方、年齢が高く日本女性との婚姻が難しいなど国際結婚を希望される方の事情は様々です。

国籍はイロイロ

お相手の国籍は国際結婚業者によって違い、アジアでは中国、タイ、ミャンマー、ラオス、ベトナムが中心。
ロシアやウクライナなどの北欧の女性を扱っている業者もあります。

どこの国の女性を選ぶかは本人次第ですが簡単な特徴をあげてみたいと思います。

【隣国中国】
中国の女性は自己主張が強いですね!
自分の意見をはっきり言うタイプの女性が多いです。男性に対するこだわり、用は面食いといったところでしょうか。
中国女性が希望する日本人男性の年齢はプラス10歳くらいまでと考えた方が良いでしょう。
特に都会に住んでいる女性にその傾向が強く見られます。しかし日本語を話せる女性も多く、中には日本の大学に留学していた女性もいたり、
コミュニケーションは取りやすいと思います。

逆にハルピンなど、田舎の女性はそれほどこだわりは強くありませんが中国語しか話せない女性がほとんどです。
【東南アジア】
最近目覚しく経済が発展してきている東南アジア諸国は国際結婚の中心的国々です。
中国に比べると大人しい女性が多く、育ちにもよりますがしっかりとした女性も多くいます。
特にタイの女性はお国柄日本には好意的で、親日感情が高いです。
女性の性格も半歩下がって男性を立てるような日本女性的な感覚を持っています。
タイの女性の理想の結婚相手の年齢は40歳~60歳。これは実際にタイの大卒で通訳をしている女性に聞いた
王国ですので階級がありますのでポイントとしては中流階級以上の家系の女性を紹介してくれるのかをしっかりと業者を分析することです。
タイの女性は性格的にも文化的にも寡黙な日本人男性向きだと思います。
【北欧ロシア、ウクライナ】
欧米の文化でます思い出される事は「レディーファースト」です。北欧の女性も例外なくそういった文化が根付います。
女性に尽くすことが苦にならない男性はや白人女性が好きという方は選択されても良いと思いますが、日本人男性との相性は
高くないと思われます。背が高く、綺麗でスタイルも良いというだけの理由で選ぶということは避けたほうが良いと思います。

国によって文化も異なる

女性の性格は国や文化によってそれぞれです。自分の目で見て話し感じてみることをオススメします。
そのためにはお見合い渡航をしてみて実際にその国に行きその国の文化に浸り、その国の婚約候補の女性達と会話をすることです。
その中で自分に合う女性を見つけて下さい。

国際結婚

生涯未婚率という言葉はご存知かと思います。
これは「45歳?49歳」と「50歳?54歳」未婚率の平均値から、「50歳時」の未婚率(結婚したことがない人の割合)を算出したものです。

50歳で未婚の人は将来的にも結婚する予定がないという考え方から生涯独身でいる人の数を示す指標として使われます。
pois

この生涯未婚率が2010年以降男性で20%を超え、総務省の発表では年齢階級別未婚率は30歳から34歳という結婚適齢期の
男性の約半数が未婚という状態です。

これは大きな社会問題で、地方圏で過疎化が進み首都圏を含め晩婚化、未婚化が進めば日本の人口は益々減少していく一方です。

ただ、将来的に結婚したいと考えている人の数は以前と変わらず多くあり、子供を作り家族を持ちたいというニーズは多い。

では50歳を過ぎると子供を産める年代の女性との結婚は難しいのか?
以前はそう思われていましたが、これからは あった違った流れになりそうです。

実は今後注目を浴びてくるであろう結婚の形に国際結婚があります。